当サイトはプロモーションを含みます。

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めは、正しく使わないと本来の効果を発揮しきれません。

この記事では、日焼け止めの効果的な塗り方と、やってはいけないNGな使い方を紹介します。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めを塗るときの一番の注意点は、塗れてないところをつくらないことです。

なので、

  1. 均一にまんべんなく塗る。
  2. 肌によくなじませる。
  3. かさね塗りをする。

というポイントに気をつけて塗りましょう。

顔の塗り方

顔や首は、指のはらで塗ります。

日焼け止めの量は、容器の説明書きを参考に、十分な量を使いましょう。

手のひらに日焼け止めの半量をとって、額・両ほほ・アゴ・鼻先の5か所に置き、1か所ずつ塗り広げます。

のばす指に日焼け止めがたくさんついてしまうと、そのぶん効果が薄れます。

中指と薬指の第1関節までを使って、往復させながら、じっかりなじませましょう。

塗り終わったら、残りの半量をつかって、もう一度おなじように塗り重ねてください。

目や口の周り、小鼻などの細かい部分にも、くまなく塗っておきましょう。

首やデコルテ、耳の裏なども、服装やヘアスタイルによっては、もれなく塗っておくといいですね。

体の塗り方

体に塗るときは、手のひらで塗ります。

容器の説明を参考に、適量を手のひらにとり、円を描くように塗り広げます。

むらなく仕上げるために、ボディも2度塗りするといいようです。

また、体に塗るときに表と裏に分けて塗り広げると、再度に塗れてないところができることがあります。

気を付けて、くまなく塗り広げておきたいですね。

日焼け止めのNGな使い方

アメリカ皮膚科学アカデミーで発表されている、日焼け止めのNGな使い方は次の通りです。

  1. 十分な保湿をせずに日焼け止めを塗る。
  2. 少ない量しか塗らない。
  3. 外出の直前に塗る。
  4. 塗りなおしをしない。
  5. 期限が切れた日焼け止めを使用する。
引用元:アメリカ皮膚科学アカデミー

1.保湿をせず、肌が乾燥した状態で日焼け止めを塗ると、肌荒れの原因になることがあります。

2.推奨されている量を使わないと、日焼け止めの効果は大きく下がってしまいます。

3.日焼け止めは効果を発揮するまでに約20分かかります。
そのため、日焼け止めを塗ってすぐに太陽の下にでてしまうと、日焼けしてしまう可能性が高いです。
塗るタイミングも重要ですね。

4.汗をかいて日焼け止めが流れてしまったときなどは、塗りなおさないと効果が得られません。

5.期限が切れた日焼け止めは、見た目や香りに変化がないようでも、変質している可能性があります。
肌トラブルの原因になる可能性があるので、使用しないようにしましょう。

created by Rinker
スキンアクア(SKIN AQUA)
¥667 (2024/04/21 11:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

日焼け止めの効果的な使い方 まとめ

日焼け止めは、塗れてないところをつくらないことが基本で、とても大事です。

かさね塗りすると、よくなじむので理想的ですね。

保湿ケアをして肌のコンディションを整えて、十分な量の日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めを塗るタイミングも重要です。

お出かけ直前ではなく、20分以上前に塗っておくといいですね。

期限が切れた日焼け止めは使わずに。

汗で流れてしまったときなどは、こまめに塗りなおしましょう。

▼日焼け止めの選び方はこちら

タイトルとURLをコピーしました