当サイトはプロモーションを含みます。

日焼け止め以外の日焼け対策

日焼け止め以外の日焼け対策

日差しが春らしくなってきて、紫外線が気になる季節。

これまでに、

日焼けのメカニズム

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めの選び方

を紹介してきました。

今日は、日焼け止め以外の日焼け対策についてまとめたいと思います。

日焼け止め対策グッズ

便利で効果的な日焼け止め対策グッズを使って、日焼けしにくい環境をつくりましょう。

帽子

つばの広い帽子で、顔や首に当たる紫外線を軽減することができます。

UVカットで、通期の良いものがいいですね。

防止にとりつけて、顔や首をカバーするグッズなども販売されています。

シーンやファッションに合わせて、あなたにピッタリな帽子を見つけましょう。

▼UVカットの日焼け対策 帽子はこちらから

サングラス

日本では、まだ日常的にサングラスを愛用している方は少ない印象があるかもしれません。

でも、目も日焼けしてダメージを受けます。

たいていは一晩眠れば回復しますが、ダメージが強ければ、炎症を起こすことも。

また、目から入った紫外線の影響は、目だけにとどまりません。

紫外線が目に入ったことを脳が察知すると、メラニンを生成し始めるといわれています。

真っ黒なサングラスなど、極端なものだと目立ってしまうかもしれませんね。

でも、色の薄いサングラスや色のついていない眼鏡でも、UVカットのものはたくさんあります。

眼鏡は、花粉やウイルスの侵入も軽減してくれます。

おしゃれを兼ねて、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

▼ナチュラルなサングラスはこちらから

UVカットの衣服

紫外線は、薄い衣類も通過します。

でも、UVカット加工されている衣服も増えてきました。

UVカットのパーカーやカーディガンなどがあると、重宝しそうですね。

長袖のものを選ぶと、腕もカバーできます。

▼UVカットの羽織りものはこちらから

手袋

日焼け予防には、長袖の衣類が理想的ですが、家の中では涼しい服装でいたいですよね。

かといって、外出のときだけ長袖に着替えるのは面倒。

そういうときはUVカットの手袋で、手の甲や腕を紫外線から守りましょう。

ひじの上まで覆えるものや、指先が出ていてスマホを扱いやすいものなど、さまざまな手袋が販売されています。

▼日焼け予防の手袋はこちらから

日傘

日傘をさすと、片手がふさがってしまいます。

また、人ごみの中では、日傘もさしにくいかもしれません。

でも、遮光効果の高い日傘をさすと、効果の高さが実感できます。

荷物の少ない時など、日傘をさしていることが負担に感じにくい時は、ぜひ取り入れたいアイテムです。

▼遮光率100%の日傘はこちらから

ベースメイク

日焼け止めを塗ったうえに使う、化粧下地やファンデーションも、紫外線カットの成分がふくまれているものを使いたいですね。

ただし、UVカットコスメには、紫外線を防ぐ力が弱いものも多いです。

購入するときは、かならずSPF・PAの数値を確認しましょう。

▶SPF・PA のくわしい解説はこちら

また、紫外線カットの成分を含むコスメを使うばあいでも、日焼け止めは必須です。

メイク前に塗る日焼け止めをこまめに塗りなおすのはむつかしいので、ファンデーションなどを補助と考えるといいですね。

▼UVカットコスメはこちらから

created by Rinker
ビオレ
¥2,180 (2024/05/24 18:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

体の内側から

ビタミンをとって体のコンディションを整えましょう。

体の状態がよければ、日焼けによるダメージを軽減することができます。

■ビタミン類の効果

ビタミンCメラニン色素の生成を抑える。
コラーゲンやエラスチンの生成を促進。
ビタミンE抗酸化作用あり。
肌が老化する原因の活性酵素による酸化に直接作用。
ビタミンA抗酸化作用あり。
コラーゲンの生成を促進。

ビタミンなどの栄養素は、互いに作用しあって効果を高めます。

何かひとつの栄養素だけをたくさんとるより、相性の良い成分を合わせてとるようにしましょう。

▼マルチ系サプリメントはこちらから

日焼け止め以外の日焼け対策 まとめ

日焼け止め以外にも、日焼け予防のためにできることは、たくさんあります。

ご自分のライフスタイルに合わせて、必要と感じることを、できるだけ取り入れてみましょう。

また、十分な水分補給をするだけでも、肌の潤いが保たれ、日焼けによるダメージを軽減することができます。

▼赤ちゃんも使える優しい日焼け止めはこちらです

▼日焼け止めに関する記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました