当サイトはプロモーションを含みます。

砂糖の代わり 糖質制限

砂糖の代わり 糖質制限

糖質制限やダイエットが目的で白い砂糖を控えたい場合は、血糖値の上昇が緩やかな低GI値の甘味料か、カロリーゼロの甘味料を選ぶといいですね。

この記事では、糖質制限やダイエットのときにおすすめな甘味料や、選ぶときに気を付けたいことを紹介します。

↓ 健康を意識した砂糖の代わりについてはこちら。

甘味料とは?

甘味料(かんみりょう、Sweetener)とは、食品に甘みをつけるために使われる調味料である。日本の食品衛生法による食品の表示にあっては食品添加物に区分される。

引用元:Wikipedia

ウィキペディアには、上記のように記載されていました。

私は「甘味料」というのは、人工的につくられた甘い調味料のような認識をしていました。

でも、一般的なお砂糖など、甘みをつけるための調味料全般を「甘味料」というのですね。

砂糖の代わり 糖質制限

それでは、糖質制限やダイエットに適している甘味料の代表的なものを紹介します。

ラカント

created by Rinker
ラカント
¥2,360 (2024/05/24 04:42:58時点 Amazon調べ-詳細)

ラカントSの原材料は、「羅漢果」という中国の広西チワン自治区という地域でしか採れない希少な果実です。

ブドウ糖や果糖以外にも、強い甘味をもつモグロシドという成分が含まれています。

そのため、砂糖の約50倍の甘さと言われています。

だけど、カロリーはゼロ。

でも、糖質が100gあたり99.8g含まれています。

(普通の白砂糖(上白糖)は100gあたりの糖質が99.3gです。)

でも、ラカントSの糖質はすべて尿中に排出されるため、実際には血糖値もあがりません。

そのため、糖質制限中にもおすすめとされています。

参考:自然派調味料ラカントS

ステビア

ステビアは、キク科の植物。

ステビアスイートは、砂糖の2倍の甘さをもつ、カロリーゼロの天然甘味料です。

熱に強いので、お菓子作りやお料理におすすめとされています。

ステビアも、100g中の糖質が約99.4gとされていますが、血糖値をあげないため、糖質制限中に摂取しても問題ないとされています。

また、ステビアにはマスキング効果があるので、肉や魚の臭みをカバーしてくれる特性もあります。

煮魚などにもよさそうですね。

エリスリトール

エリスリトールは本来、梨やメロン・ワイン・味噌などに含まれる天然糖アルコールで、ブドウ糖を発行させたものです。

市販されているエリスリトールは、トウモロコシなどのデンプンを発酵させて製造されています。

実はエリスリトールは、糖質100%です。

でも、血糖値を上げないため、糖尿病の方の甘味料にも適しているとされています。

砂糖の代わり 選ぶときの注意

糖質制限やダイエットのときに、砂糖の代わりに使う甘味料として、パルスイートも有名ですよね。

パルスイートは「糖類ゼロ」ですが、「糖質ゼロ」ではありません。

「糖類」は、糖質の中の一部の糖のことを指します。

そのため、糖類にあたらない糖質(マルチトールやエリスリトール)が含まれています。

ただし、これらは血糖値への影響がほとんどないとされています。

なので、パルスイートも糖質制限中の砂糖の代わりに適していると言えるでしょう。

でも、「糖類ゼロ」という商品は、甘味料以外にもよく見かけますよね。

糖類以外の糖質は何が入っているのか、気を付けたいところです。

↓ 糖質と糖類の違いについての記事はこちら。

砂糖の代わり 糖質制限 まとめ

糖質制限中にお砂糖の代わりに使うと良い商品を紹介しました。

いずれも、糖質をしっかりと含んでいますが、どれも血糖値を上げないとのことです。

糖質が入っているのに、血糖値が上がらないなんて、なんだか不思議ですね。

糖質について、いろいろな記事をまとめてきましたが、まだまだ糖質の世界は奥深いようです。

↓ 健康を意識した砂糖の代わりについてはこちら。

タイトルとURLをコピーしました